歯は一生の宝物になります。上手にケアしていきましょう。

children check teeth

数ある治療方法

インビザラインというものについて

 インビザラインとは、歯科で行なわれる歯列矯正方法の一種です。専用のマウスピースを装着する事で、乱れている歯列を整えていくという方法になります。  歯列が乱れている状態は、健康に様々な悪影響を及ぼします。例えば、噛み合わせが悪くなるので、消化器官に負担がかかります。また、歯列のバランスを全身で取ろうとするので、体に歪みが出てきます。こうした事態を回避するためにも、歯列矯正は重要なのです。  歯列矯正の方法には、いくつかの種類があります。一番基本的なのはワイヤーを使って矯正していく方法です。ただ、この方法は見た目が目立つ、多少の痛みを伴う事がある等の特徴があります。こうした特徴を避ける事が出来る方法が、インビザラインなのです。  インビザラインで使うマウスピースは透明なので目立ちにくいです。しかも、歯の移動量が決まっているので、無理やり移動させる事で生じる痛みが起きにくいのです。

具体的な治療の流れについて

 具体的なインビザラインの流れについてですが、まずはマウスピースを作るのに必要な検査を行ないます。口の中の検査やレントゲン撮影、歯型の採取等が行なわれます。これらを元にして、患者専用のマウスピースが作成されます。 マウスピースが完成したら実際に装着します。装着の仕方や外し方もポイントがあるので、歯科医院で少し練習をします。ここからマウスピースを装着しての生活が始まります。装着を続けてみて違和感が出てきた場合等には、その都度細かな手直しがされます。  インビザラインで使うマウスピースは、1日20時間以上の装着が理想的だと言われています。治療期間に関しては、症状等によって個人差があります。ただ一般的には、数カ月から1年程度の場合が多いです。